◆お問い合わせはこちらから◆

研修は「する立場ではなく受ける立場で実施する」

こんにちは、キャサリンです。

私は新卒研修のほか、中途採用の研修を行うことも多かったのすが、
中途採用であっても、研修内容は「ビジネスマインド」から始めます。
この「ビジネスマインド」ですが、
「組織の一員としての姿勢や考え方」などで、
その内容*は、どんな企業にも共通しています。
社員研修を行っている企業は、新卒・中途採用の区別なく、
研修内容に盛り込んでいると思います。
*研修内容は別の機会にお話ししますね

ですから転職経験のある中途採用者は、何度か聞いている内容となります。
しかしまるで初めて聞くような顔をしている参加者が多いな、という印象があります。

「聞いていない」のは「つまらないから」


「まるで初めてのような顔をして」
と書きましたが、
私の研修内容は、至極当然の内容で、
過去に一度は聞いたことのある内容のはずです。
そう、聞いたことがあるはずなのです。
しかし「初めて聞くんだけど?」というような顔をする。

これすなわち、「聞いていなかった」ということになります。

あ、誤解をしないでくださいね。
「参加者が不勉強だ!」と言っているわけではないんです。
悲しいけれど、研修の立ち位置というものは、その程度なんですよね。
でも、今ここでこのブログを見てくださっているみなさんは、
「勉強したい、させたい」と言う気持ちがあるから見ているのだと思います。
今からでも大丈夫です!一緒に考えましょう。

さて、誰でも会社へ入社したら、
「この会社で頑張っていこう」と、思いますよね。
そして「業務内容」を一生懸命覚えて会社へ貢献しようと頑張ります。

会社側も、これから担ってもらう業務研修を行います。
座学で知識をインプットさせて、実務研修でアウトプットする。
研修終盤は、先輩社員に混じってのOJTとなり、参加者たちも実感が湧いてきます。

この「業務内容研修の満足度」をさらに上げるために必要な研修が、
「ビジネスマインド」の研修なのです。

この「ビジネスマインド」は、どこの会社でも行っているはず。
にもかかわらず「初めて聞く」ような顔をされるのはなぜでしょうか。

それは

つまらないから。

研修内容がつまらないことにほかなりません。

つまらないから頭に入らない。ゆえに「覚えていない=聞いていない」。

だからこそ私は、この「つまらないビジネスマインド研修」
身を乗り出して聴きたくなるような内容にしてきました。

たとえ話を交え、身近な話題に触れ、「自分だったらどうするか」、
など、「巻き込み型研修」を施していきます。

返事は声に出そう!

すると、最初は頷いているだけの参加者が、次第に声を出すようになってくるのです。

あ、言い忘れましたが、
私は研修のスタートしたときに必ずこう伝えています。

「私の研修は、みなさんの理解度によって進んでいきます。
ですから、私が「わかりましたか?」など、みなさんに声をかけたら、
必ず「はい」「わかりました」「わかりません」など、返答をしてください。
返答がなければ、わからないものとして、私は先に進みません。いいですね」

と。
文章にすると、おっかない感じですね(汗)。
でも実際はもっとにこやかに言っていましたのでご安心を(笑)。

最後に「いいですね」と言うのがポイント。
簡単に参加者の理解度が確認できます。
ここで参加者と講師は、アイコンタクトをとることも大事です。
「私ちゃんと見てますよ」「私ちゃんと聞いていますよ」という風に。

「巻き込み型研修」を施すことによって、

「頷く」→「意見を言う」→「質問をする」→「他の参加者の意見が聞ける」

という、正のスパイラル*が発生します。
*負のスパイラルの逆語=いいことが重なるという意味

このように、最初は小さな声であったとしても、
声を出して返事をし、意見を言うことによって、参加者のみなさんがつながりを持っていきます。

研修時に(ランチなどではなく)参加者同士が自然と交流を持つようになるということは、
その後の離職率の低下にも繋がっていきます。

仕事の大変さは、ベテランも新人も社長もヒラもみんな同じです。
部下がいる管理職は大変ですが、新人には新人の苦労があります。
しかし、その苦労を共有し、切磋琢磨できる仲間がいれば、どんなに心強いことでしょう。
そのためにも「巻き込み型研修」を行うのです。

社員の定着率は研修で決まると言っても過言ではない。

離職率が下がる、というのは管理者側で見ることです。
しかし、一つの職場で長く勤めるというのは、働く本人にとっても大事なことです。
もちろんいろんな働き方があるので、一概には言えませんが、ここでは割愛します。

研修は、研修する立場のためにあるのではなくて、
あくまで、参加者のためなのです。
研修担当の自己満足になってはいけません。
参加者のための研修をすることによって、結果として会社のためにもなっていくのです。

研修を行う立場の私は、新人たちが不安なく現場に送り出す手助けをすることが仕事です。
新人研修が終われば、それぞれのチームへ配属となり、そこでの活躍を祈る。
新人たちはじきに新人だった頃を忘れ、チームに馴染んでいってくれれば任務完了です。

ビジネスマインドを十二分に発揮し、現場で活躍することを祈って。
***

いかがでしたか。
「研修担当」という肩書きがなくても、新人教育の経験はあると思いますし、
これから経験するかもしれません。
すでにできている方はこれまでどおりに。
初めての方はぜひ参考になさってください。

◆今日の研修◆
実務研修より大事なのは「ビジネスマインド研修」
「参加者のため」の研修をすることが、結果として離職率低下に繋がっていく

■次回予告■
「目的と目標の違いについて」

ではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です