◆お問い合わせはこちらから◆

情けは人のためならず おのがこゝろの慰めと知れ

情けは人のためならず、おのがこゝろの慰めと知れ 作:新渡戸 稲造

仕事は誰のためにするの?

仕事は誰のためにするのでしょうか。
というようなことを、研修などで問われるときがあります。

会社のため
顧客のため

どれも間違ってはいません。
しかし、私はこう答えます。

自分のため。

お金のため、
スキルアップのため、
成長のため、

そのどれもが「自分のため」。はずかしくもなんともありません。
そんなことは、あたりまえのことです。

しかし、「自分のため」の仕事をするときに大事なのは、

経由地。
自分に「直行」するようなやり方ではありません。

最終的に自分に返ってくるような仕事をしてください。
そして、そこにある大事なことは、
実行する人の心の在り方。

思いやりの気持ちをもって、仕事をする。
その積み重ねが、いつか自分の心の満足となるのです。
心が満たされるから、余裕が出てくる。
余裕が出てくるから、他者を思いやる気持ちが再び現れる。
そうして、巡り巡って、自分に返ってくる。
情けは人のためならず、おのがこゝろの慰めと知れ
***

いかがでしたか。
仕事は誰のためにするのか、
「ビジネスマインド」では、仕事に対する姿勢や考え方などをお話していきます。

すでにできている方はこれまでどおりに。
初めての方はぜひ参考になさってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です